MENU

ドッグフードの保管はドッグフード選びと同じように重要なお仕事!

ドッグフードの保管をおろそかにすると大変な事になります。と言うのも、ドッグフードの保管をずさんにしたり、待ちがえるだけでも愛犬の健康に害を及ぼす可能性があるからです。実際に、正しいドッグフードの保管について考えてみましょう。

ドッグフードの保管方法は重要!

ドッグフードが毎回使い切れるなら問題はないのですが、基本的にはドライタイプを使用する方が多いですよね。それはコストの面もあると思いますが、だいたいが1カ月分とか、2週間分とか在庫として販売されているし、それを持つのが当たり前だからですよね。

 

しかし、いくらいいドッグフードを買い与えていても、保管方法に誤りがあると意味がありません。ただしい、保管方法を選ぶ事が愛犬の健康を維持する事にも繋がりますのでしっかりと認識し考えて欲しいと思います。

ドッグフードの保管方法を誤ると・・・

ドッグフードには保存料だったり、酸化防止剤が含まれていますが、保管方法を間違っていると品質が低下するのは当たり前の事です。

 

あくまでも正しい保管方保と保存料や酸化防止剤がかみ合って効果を発揮するものですから、正しい保管方法を覚える方がいいですね。もし、保管方法を誤ってしまうとドッグフードにカビが発生したり、雑菌が付着するので愛犬が体調を壊す事になります。

ドッグフードの保管方法の誤りがワンちゃんの体調不良に・・・

ドッグフードもそうですし、食べ物と言うのは酸素と触れ合った瞬間から【酸化】という現象が始まり、鮮度が落ちていきます。

 

という事は、新しいドッグフードを買って開封した瞬間からドッグフードの鮮度が落ちていくのです。もし、保管方法が悪いと酸化のスピードが早まり、すぐにカビが生えたりします。そうなると、ワンちゃんは食べなくなります。

 

当たり前ですよね。かびているんですから。それでも食べると、嘔吐や下痢になってしまいます。ドッグフードとの相性のせいならまだしも、飼い主の保管が悪い事でワンちゃんが体調を壊すのはあまりにもかわいそうですよね。

 

ひどい子になると、アレルギーなどの発作を起こす事もあるので楽観的に考えると悲しい結末になりますので注意が必要です。

ドッグフードの保管方法に最適なアイテムとは


ドッグフードの保管には専用の容器があるので、それで保管する事がベストです。食べ物は基本的に酸素に触れる事や、高温多湿な環境で保管する事が一番の敵になりますので、密閉容器などで酸素と触れる事を防ぎ、高温多湿な場所から話して保管するのが一番いいですよね。

ドッグフードの保管方法とは別に愛犬に与える量も考える

ドッグフードの保管方法もそうですが、愛犬が食べる量を計算してその分だけ購入する事が望ましいです。いくら安いセールなどがあり大量に購入してしまうと、鮮度が落ちてしまうので、必要な量の身購入し使用する事が愛犬の為にはベストな方法と言えます。

ドッグフードの保管方法におすすめのアイテム

ドッグフードの保管方保を考えた時に、飼い主の目線から考えると、補充がしやすい。使いやすい。安い。カッコイイ。おしゃれなどの目線が大事ですよね。それに見合った商品を紹介したいと思います。

ハンディフードディスペンサー

ハンディフードディスペンサー

 

この商品はアメリカで大ヒットしている商品です。このような理由からだそうです。しかもお値段もお手頃ですので一番いいかなって思ったりしますね。

  • 密閉出来るから鮮度をキープ
  • フタガ大きいから補充が楽ちん
  • 手にフィットするデザイン設計
  • フタのロックが簡単で丈夫
  • 安全性にも配慮されている
  • 使用の際の口は小さい

 

アマゾンで購入 楽天で購入

 

楽天では、本体が1980円で送料が540円なので2520円で購入出来ます。amazonでは、本体が756円で送料が540円ですので1296円で購入出来ます。