MENU

>>愛犬の健康が心配だ・・・。歳をとってドッグフードを食べなくなった、そんな愛犬の元気を取り戻すおすすめフードはこちら<<

アボ・ダームのドッグフードは涙やけを治したい飼い主が殺到している?

アボ・ダームのドッグフードは涙やけに効果があるという噂を聞きつけました。なんでも多くの飼い主が涙やけを解消する為に与えているとの事。カナガンやオリジン、モグワンなどを与えている飼い主もアボ・ダームに変更する人が居るとの事ですが、本当でしょうか?

アボ・ダームドッグフード

 

アボ・ダームドッグフードは、アメリカで製造されているドッグフードで、2.2キロ、5.6キロ、800gの三種類のバリエーションがあります。愛犬の毛並みや皮膚にいいアボガドや高タンパク、高脂肪にする事で食の細くなった老犬やシニア犬でも栄養がきっちりと維持が出来るように配慮されております。

アボ・ダームの原材料

乾燥チキン,玄米,白米,オートミール,鶏脂肪(ミックストコフェロールで保存),ビートパルプ,米糠,乾燥アボカド果肉,トマト繊維,ナチュラルフレーバー,アルファルファ,亜麻仁(オメガ3),チコリー根,卵,塩化カリウム,塩,海藻,ビタミン,塩化コリン,ビタミンE,ビタミンC,ビオチン,ナイアシン,パントテン酸カルシウム,ビタミンA,ビタミンB2,ビタミンB1,ビタミンB12,ビタミンB6,ビタミンD3,葉酸,ミネラル,硫酸亜鉛,硫酸鉄,鉄アミノ酸キレート,亜鉛アミノ酸キレート,セレニウム酵母,銅アミノ酸キレート,硫酸銅,硫酸マンガン,マンガンアミノ酸キレート,ヨウ素酸カルシウム,アボカドオイル,ユッカエキス,ローズマリーエキス,セージエキス,パイナップル,ラクトバチルス・アシドフィルス,ラクトバチルス・カゼイ,ビフィドバクテリウム・サーモフィラム,エンテロコッカス・フェシウム,

アボ・ダームの成分

粗蛋白:26%以上,粗脂肪:16%以上,粗繊維: 3.5%以下,水分:10%以下,粗灰分: 7.0%以下,代謝エネルギー:360kcal/100g

アボ・ダームの気になる点

原材料に乾燥チキンと穀物、ビートパルプが多く使用されているので、新鮮な原材料ではありませんが足りない栄養素を多くのサプリ成分が補っているという事でしょう。それが多くの飼い主に支持されている理由だと思われます。

アボ・ダームの口コミと体験談

  • 食いつきが良い事は無いが、ちゃんと食べてくれるので良し。
  • 涙やけ対策の評判を聞いて購入。本当にいい。
  • 毛がバサバサだったのに、ツヤツヤになった。
  • 安くて、涙やけが治る
  • マルチーズにあげてます。安いのにいい!

アボ・ダームのドッグフード まとめ

アボ・ダームは原材料から見るとあまりいいドッグフードとは言い難いのが正直なところ。しかし、多くのユーザーから支持されているのも事実。涙やけにも効果があるみたいだし、値段もお手頃なのでユーザーが納得するのもうなずける。

 

涙やけに効果がある子と無い子では圧倒的にある子が多かったので、この値段で試せるなら試す価値は充分にある。

 

アボ・ダーム (AVODERM) スモールブリードアダルト 2.2kg