MENU

>>愛犬の健康が心配だ・・・。歳をとってドッグフードを食べなくなった、そんな愛犬の元気を取り戻すおすすめフードはこちら<<

愛犬元気はどこでも手に入るドッグフードだけどその危険性は?

愛犬元気はブランドとしても有名でホームセンターやペットショップ、スーパーやコンビニでも見かける事がある程有名なドッグフードですよね。お値段も良心的で多くのユーザーがいるでしょう。しかし、本当にいいドッグフードなのでしょうか?

愛犬元気ドッグフード

 

愛犬元気は2.3キロと6キロのタイプがありますが、他のブランドに比べるとバリエーションは少ない気がしますね。しかし、原産国が日本と言う事もあって人気があるのかもしれません。

 

愛犬元気では、良質なタンパク質とカルシウムをバランスよく配合する事で健康的な体を維持できる総合栄養食です。ビタミンやミネラルも配合されているので健康を維持できるそうです。

愛犬元気の原材料

穀類(トウモロコシ、小麦粉、コーングルテンミール、フスマ、パン粉、コーングルテンフィード等)、肉類(チキンミール、チキンエキス、ビーフパウダー、ササミパウダー等)、動物性油脂、脱脂大豆、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、魚介類(フィッシュミール、乾燥小魚)、ビール酵母、チーズパウダー、ミネラル類(カルシウム、塩素、コバルト、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、マンガン、ナトリウム、リン、亜鉛)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D、E、K、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、着色料(赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ハーブエキス)

愛犬元気の気になる点

愛犬元気のドッグフードは原産国が日本の表示になっていますが、その理由は不透明ですね。公式サイトを見ても、原材料どのもので、どこで製造されているとの記載が無いのでわかりません。

 

私の知る良質なドッグフードは原産国や工場、どこの国の何を使用しているのかホームページに記載があります。と言うか自社のドッグフードに自信のある会社は絶対に記載があります。

 

という点では、どうなんだろう?と疑問が残ります。さらに、愛犬元気と言う割には犬に適さない穀物を使用している点や添加物を使用しているので愛犬の元気を保てるのだろうか?と疑問に思いますね。私なら選ばないかもしれません。

愛犬元気ドッグフードの口コミと体験談

チワワ 4歳

うちのわんこは体重増加傾向があります。体重が三キロ超えてきて、動物病院に、相談したら、体重増加気味にあるので体重管理が出来るドッグフードを与えようと思いました。体重の管理がしやすいドライフードでコスパのいい愛犬元気を与える事にしました。その結果、体重を1キロ落とす事が出来てドライフードに変えた成果が出てると思います。

愛犬元気ドッグフードの口コミと体験談

  • ワンちゃんが美味しい食べます。
  • 値段も手ごろで食いつきがいいです。
  • 何故か、これしか食べない(笑)
  • 粒が小さめで嬉しい。

愛犬元気のドッグフードまとめ

調べてみると、意外と肯定的な意見が多いように感じました。悪い口コミの中に愛犬が病気になるという方が居ました。それは私と同じ意見です。やはり原材料を見ると不安になtってしまうような原材料である事は間違いありません。

 

もし、ネットの情報を信用できないのであれば信頼の出来る動物病院の先生などにドッグフードを持参し現在料を見てもらうといいと思います。ほとんどの医者が険しい顔をすると思いますけど。

 

病気になる確率の問題ですから病気にならなければいいですけどね。病気になった後に後悔だけはしないで下さいね。
愛犬元気