MENU

>>愛犬の健康が心配だ・・・。歳をとってドッグフードを食べなくなった、そんな愛犬の元気を取り戻すおすすめフードはこちら<<

ゴン太のふっくらソフトは原材料に問題あり?

ゴン太のふっくらソフトは新しい製造方法を確立した事で、ふっくら美味しく仕上げたドッグフードです。良質の素材を使用する事で栄養価の高いドッグフードになるように仕上げたそうです。そのドッグフードについて調べてみました。

ゴン太のふっくらソフトドッグフード

 

ゴン太のふっくらソフトは、成犬用のドッグフードという事ですが柔らかいドッグフードとの事です。イメージ的には成犬だと堅くても大丈夫だと思うのですが、柔らかいドッグフードをあえて製造しているとの事です。

ゴン太のふっくらソフトの原材料

穀類(小麦粉等)、肉類(チキン等)、糖類、いも類(さつまいも等)、野菜類(にんじん、かぼちゃ、ほうれん草等)、ビタミン類(A、D、E、B1、B2、B6、B12、C、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、コリン)、ミネラル類(リン酸カルシウム、炭酸カルシウム、塩化ナトリウム、硫酸マグネシウム、硫酸鉄、炭酸亜鉛、硫酸銅、炭酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム、塩化カリウム)、アミノ酸類(L−リジン塩酸塩)、増粘安定剤(グリセリン)、品質保持剤(プロピレングリコール)、保存料(ソルビン酸カリウム)、pH調整剤、着色料(二酸化チタン、赤106、黄4、黄5、青1)、酸化防止剤(エリソルビン酸ナトリウム、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

ゴン太のふっくらソフトの気になる点

ゴン太のふっくらソフトは、鮮度の高い原材料を使用しているとの事です。しかし原材料を見てみると、穀物、肉類、保存料等がフルコースで使用されていますね。

 

原産国が日本だけに残念です。穀物は犬にアレルギー症状をもたらす可能性がありますし、肉類との表記は実に曖昧な表記で4D使用の可能性を示唆しております。

 

さらに、添加物、甘味料を使用しすぎですね。これは口コミを見なくても分かりますが、口コミはいいはずです。と言うのは添加物や甘味料が多いドッグフードは栄養価の無い材料をする為、添加物と甘味料で味を整えます。

 

そうなると、ワンちゃんにとっては美味しいドッグフードに仕上がる傾向があります。それは多くのドッグフードを比較した経験からも簡単に分かりますが、私はドッグフードについて詳しく調べているので簡単に分かります。

 

何度か言ってますが、甘味料の依存性はコカインの5倍と言われています。コカインって麻薬ですよね。麻薬よりも依存性が高いので、一度食べてしまうと犬は依存してしまうのです。

 

そのドッグフードを変えてしまうと、次のドッグフードはいくらいいものに変えても食いつきが悪くなります。そうなると飼い主は粗悪なドッグフードとは分からずドッグフードを与え続けます。

 

そうなるといずれ愛犬は病気がちになったり、消化器系の病気になったりします。そうなる前に手を打っておきたいですね。

ゴン太のふっくらソフトの口コミや体験談

ミニチュア・ダックス・フンド 7歳

前のドッグフードは硬くて食べなくなりました。いつも愛犬の好みで食べる物を選んでいますが、今回はその中でも柔らかいものを選びました。モグモグと食べています!

ゴン太のふっくらソフトの口コミや体験談

  • 老犬用として使用しています。
  • この商品が一番食べてくれる。
  • 喜んで食べてくれる

ゴン太のふっくらソフト まとめ

ゴン太のふっくらソフトは、原材料が厳しいですね。私は愛犬に与える事はありませんね。