MENU

>>愛犬の健康が心配だ・・・。歳をとってドッグフードを食べなくなった、そんな愛犬の元気を取り戻すおすすめフードはこちら<<

アイムスのドッグフードの評判と口コミ。原材料を評価してみた

アイムスはドッグフードの中でも有名なドッグフードですよね。ペットショップはもちろん、アマゾンや楽天でも購入できるので愛用者も多いはずです。そんなアイムスドッグフードとはどんなドッグフードなのでしょうか?

アイムスドッグフード

 

アイムスのドッグフードは、ライフステージや体調に合わせて与えられるように成犬用、小型犬用、シニア用、体重管理用、健康サポート用などの種類から選べるようになっています。

 

また、内容量も1.2キロ、2.6キロ、5キロ、8キロ、12キロの中から選ぶ事が出来ます。お試しで1.2キロから初めてみてもいいですし、愛犬が多いお宅には12キロにサイズなどご自身に合った方法で選べるのは嬉しいですね。

 

アイムスは優れた栄養バランスで毎日の健康をサポート出来るドッグフードとの事です。また、獣医師が推奨しており最新の栄養学に基づき製造されているようです。それなら安心ですね。

アイムスドッグフードの原材料と穀物や添加物の使用は?

肉類(チキン、ターキー)、トウモロコシ粉、小麦、動物性油脂*、乾燥ビートパルプ、大麦、ソルガム、チキンエキス、乾燥卵、フラクトオリゴ糖、亜麻仁、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、イノシトール、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、リン)、アミノ酸類(リジン、メチオニン)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)*ミックストコフェロールで保存

アイムスドッグフードの気になる点を評価、比較

アイムスドッグフードは獣医師の推奨を受けてるとの事です。しかし、原材料を見ていると肉類(4D?)やトウモロコシ(穀物)、酸化防止剤が使用されていますね。

 

犬の健康に害の恐れがある、4D、穀物、添加物のすべてが使用されているのはいくら食いつきが良くても嫌な感じ。もし病気がちになるのであれば別のドッグフードに変える事もいいかも。と思えます。また、アマゾンレビューで五つ星が68%しかないのは少し気になりますが評判は悪くはないですね。

 

金額から考えるとお求めやすいという事もあると思います。

 

ただ、愛犬の病気がちな体質や慢性的な病気が気になってアイムスを愛用している方や、その症状を解決したく検討している方はアイムスを選ぶよりも穀物不使用、添加物不使用、4D不使用などで有名なドッグフードのカナガンやモグワンなどのドッグフードに買い替える事をおすすめします。

アイムスドッグフードの口コミや体験談

  • アイムスに変えてみて食いつきがよくなった。
  • 犬の毛並みが良くなったように感じます!
  • ビーフアレルギーのちわわでも安心して食べてます。
  • もりもり食べてくれます。

アイムスドッグフードの口コミや評判、レビューや原材料まとめ

アイムスは比較的、買い求めやすく定期購入が出来るので重い量を註文するには便利という意見が多かったように感じます。また、食いつきが良くなったという人が多かったですね。やっぱり飼い主としてはドッグフードをたくさん食べてくれると嬉しいものです。

 

逆に、体調を悪くしたワンちゃんもいるようですが、どのドッグフードにも好き嫌いや合う合わないはありますから、その子には合わなかっただけかもしれませんが、ドッグフードを変えるならよく観察してあげる事が大事かもしれませんね。

 


アイムス (IAMS) 成犬用 健康維持用 チキン 小粒 12kg