MENU

>>愛犬の健康が心配だ・・・。歳をとってドッグフードを食べなくなった、そんな愛犬の元気を取り戻すおすすめフードはこちら<<

オリジンドッグフードは何故人気なのか?その真相を調べてみた。

オリジンドッグフードはカナダで作られたドッグフードですね。今まで紹介した、アイムスやアカナ、カナガンなどは日本やイギリスのドッグフードでしたのでカナダのドッグフードを紹介するのは初めてですね。口コミも多いし人気があるようですが、その秘密に迫ってみたいと思います。

オリジンドッグフード

 

オリジンドッグフードは、アダルト用、フィッシュ、シニア用、パピー(小型犬、中型犬用)などのバリエーションがあるようですので、愛犬に合ったドッグフードを選ぶ必要があります。

 

また、先ほどはカナダ産とお伝えしましたが、カナダ産とアメリカ産の2種類があるようです。謎・・・。なんでかは分かりません。という事で調べてみました。すると、もともとはカナダ産でしたが、アメリカ産にシフトしたようですね。ん〜これはアカナと同じ症状ですね。

 

実際には、カナダ産からアメリカ産にシフトをしただけで現在料は何も変えてないという言い分です。昨日は、ニュートロの事を書きましたが、ニュートロは原材料をこっそり変えてましたからね。そうなると、例えオリジンと言えど・・・ドッグフードのトップブランドと言えど疑いたくなるものです。

オリジンの現在料

新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉, 新鮮イエローテイルカレイ, 新鮮全卵,新鮮丸ごと大西洋サバ, 新鮮鶏レバー,新鮮七面鳥レバー, 新鮮鶏心臓, 新鮮七面鳥心臓新, 新鮮丸ごと大西洋ニシン, ディハイドレート鶏肉,ディハイドレート七面鳥肉, ディハイドレート丸ごとサバ, ディハイドレート鶏レバー, ディハイドレート七面鳥レバー, 丸ごとグリーンピース, 丸ごとシロインゲン豆, 赤レンズ豆, 新鮮チキンネック,新鮮鶏腎臓, 鶏肉脂肪, ピント豆, ヒヨコ豆, グリーンレンズ豆, 天然鶏肉風味, レンズ豆繊維, ニシン油, 粉砕鶏骨,鶏軟骨, 七面鳥軟骨,乾燥ケルプフリーズドライ 鶏レバー,フリーズドライ 七面鳥レバー, 新鮮丸ごとカボチャ, 新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ, 新鮮ケール, 新鮮ホウレン草, 新鮮カラシ菜, 新鮮コラードグリーン, 新鮮カブラ菜, 新鮮丸ごとニンジン, 新鮮丸ごとリンゴ, 新鮮丸ごと梨, カボチャの種, ヒマワリの種, 亜鉛タンパク化合物, ミックストコフェロール(天然酸化防止剤),チコリー根, ターメリック, サルサ根, アルテア根, ローズヒップ, ジュニパーベリー, 乾燥 ラクトバチルスアシドフィルス菌発酵生成物, 乾燥 プロバイオティクス発酵生成物, 乾燥 ラクトバチルスカゼイ発酵生成物.

オリジンの気になる点

オリジンの気になる点はやっぱりカナダ産からアメリカ産に移行した理由。と移行した事にとってユーザーにはどんなメリットデメリットが存在するのかが気になりますね。

 

オリジン

 

公式サイトにカナダからアメリカに移行した理由がかかれていました。簡単に言うと、新しい工場の建設先がアメリカだったそうです。大量の新鮮な肉を鮮度を保ちながら保管する為にも新工場が必要だったとの事。

 

まぁ、世界的に売れてるんでしょうね(笑)だから、新しい工場作ろうとの事だと思います。飼い主の声をいろいろ集めてみましたが、カナダ産からアメリカ産に変わった事でのクレームは見つける事は出来なかったので今のところは問題がないのかもしれません。

 

ただ、工場の移設が2017年の夏ですから、まだ日が浅いからかもしれませんね。今からオリジンを購入しようと思っている方やすでに購入している方は、これからのオリジンをしっかりと見ておく事が必要になると思います。

オリジンドッグフードの口コミと体験談

シーズー 4歳

ドッグフードに飽きてきて食欲が落ちてきたので安くて健康に気を使っているものを探しており、試しにオリジンに変えてみると喜んでバクバク食べるようになりました!

雑種 17歳

だんだん、歳をとって足腰が弱くなり立てなくなった時に買い変えました。オリジンのドッグフードは動物性タンパク質が多く含まれてる高タンパクドッグフードでしたので選びました。

 

昔ほどとは言えませんが、また歩けるようになりました。毛艶がフワフワに良くなりました。

オリジンドッグフードの口コミと体験談

  • 大喜びで食べる。
  • コスパがいい。
  • 食いつきがいい。合格点。
  • 体調がよさそう!

オリジンドッグフードのまとめ

オリジンドッグフードは、原材料のすべてを記載しているので、他のブランドに比べて原材料表記が長いです。ですから隠し事をしません。との気持ちの表れだと思います。また、多くの肉原料を使用してるのは好感が持てます。

 

ドッグフードで初めて穀物不使用をうたったブランドですので、ドッグフードへの思いは強いのかもしれませんね。カナガンのドッグフードに比べると比較的コストパフォーマンスに優れてるようですし、原材料もひけをとらないのでカナガンよりもオリジンの方がいいかもしれませんね。

 

オリジン