MENU

>>愛犬の健康が心配だ・・・。歳をとってドッグフードを食べなくなった、そんな愛犬の元気を取り戻すおすすめフードはこちら<<

サイエンスダイエットドッグフードは愛犬の免疫力を高めるの?

サイエンスダイエット(アダルト)ドッグフードを私はあまり知りませんでした。しかし、どのサイトを覗いても結構、評判がいいのです(笑)ですからなぜ、人気があるのか紐解いてみました。

サイエンスダイエットドッグフード

 

サイエンスダイエットドッグフードは、750g1.5キロ、3キロのタイプがあるようです。原産国はチェコ。愛犬の健康と幸福を願い製造されているドッグフードのようですね。また、製造元は結構大手のメーカーブランドのようで世界最大級の規模で最新の技術を駆使しして開発されているドッグフードのようです。

 

愛犬がいつまでも健康で元気にいられるよに、免疫力を高める事に着手しているようです。そのために、抗酸化作用の持つ栄養素をたっぷり配合しているようですね。他にも、ワンちゃんの毛並みや艶を良くするためにオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸、ビタミン、ミネラルを配合する事で健康を維持できます。

 

さらにさらに、グルコサミンを配合する事で健康な骨、関節、軟骨を維持出来るドッグフードです。老犬になるほど、食欲も細り、元気もなくなるので、このドッグフードは嬉しいですね。原材料の肉は、トリとターキーを使用しています。

サイエンスダイエットドッグフードの原材料

トリ肉(チキン、ターキー)、トウモロコシ、小麦、米、動物性油脂、トリ肉エキス、植物性油脂、亜麻仁、ポークエキス、トマト、柑橘類、ブドウ、ホウレンソウ、ミネラル類(ナトリウム、カリウム、クロライド、銅、鉄、マンガン、セレン、亜鉛、ヨウ素)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、ベータカロテン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)、アミノ酸類(タウリン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、緑茶抽出物)

サイエンスダイエットドッグフードの成分

たんぱく質21.0%以上,脂質13.0%以上,粗繊維3.0%以下,灰分6.5%以下,水分10.0%以下,オメガ3脂肪酸0.35%以上,オメガ6脂肪酸2.70%以上,ビタミンE700IU/kg以上,ビタミンC85mg/kg以上

サイエンスダイエットドッグフードの気になる点

サイエンスダイエットドッグフードは、肉原料にもチキンやターキーを使用しております。他にも安全面にも配慮しており、外部検査を検査機関に依頼し認定を頂いてるようです。(AAFCO/米国飼料検査官協会)さらに、愛犬の健康を考えて、多くのサプリ成分も入れているのでとてもいいドッグフードなのですが、一つ気になる点をあげるのであればアレルギー症状を引き起こす可能性のあるトウモロコシが使用されている点は気になります。

 

それ以外は問題と思うのですが、愛犬がアレルギー症状を過去に起こした事があるのであれば気を付けた方がいいですね。ドッグフードを変える時は安い高い、良い悪いにかかわらずワンちゃんはお腹を壊しやすいのでよく見守ってあげて下さいね。

サイエンスダイエットドッグフードの口コミや体験談

チワワ 14歳

体調が悪い日が多くなり、体型も変わってきたので、年齢に合ったものをチョイスしました。老犬ですが、食べる事が出来るので、そこはポイントになると思います。

サイエンスダイエットドッグフードの口コミや体験談

  • 美味しそうに食べている!粒が小さいのが食べにくそうだけど。
  • 食の細いわんこですが、美味しそうに食べてくれます。
  • ロイヤルカナンから変更しました!