MENU

飼い主が出来る毎日の健康診断ーうんちチェックー

>>愛犬の健康が心配だ・・・。歳をとってドッグフードを食べなくなった、そんな愛犬の元気を取り戻すおすすめフードはこちら<<

 

うんちチェックは飼い主が愛犬の健康を判断出来る目安になりますので、毎日欠かさず行いましょう。

うんちの固さや形状で判断

消化の状態を判断しよう!

固形便

ウサギの糞のような形状で便秘ぎみの時に出る便。

有形軟便

柔らかくバナナ状の便。健康な便。

液状便・水様便

下痢をしている状態。

鉛筆様便

腸の中にポリープや潰瘍(かいよう)が出来てる可能性あり。

うんちの量で判断する

犬はドッグフードを食べた量の約3分の2が消化吸収されます。ですから3分の1が便として排出されますので、粗悪なドッグフードの場合には食べた量と同じ位のうんちをします。それは、消化吸収出来ない材料のドッグフードであったり、消化器系の病気の疑いもあります。

うんちの色を見る

黄っぽい

正常な状態。

黒っぽい

高タンパクの食事を食べた状態。

灰っぽい

胆汁が不足してる状態。脂肪が消化されない。

真っ黒

消化管の中で出血が起こってる時に出る便。血液と消化液が混ざると黒くなる。チョコレート便ともいう。

赤っぽい

血便。大腸から出血してる時に状態。

うんちのにおいをチェックする

香ばしい臭い

良質な食事をしている。正常。

臭いがキツイ

高タンパクな食事をしている。

腐敗臭

慢性の腸炎。すい臓に異常がある。

すっぱい臭い

脂肪便(脂肪の未消化)発酵便(炭水化物の未消化)

うんちの異物を確認する

粘液

腸に炎症がある。

大腸内で細菌感染している。

血液

タール状は小腸の出血。鮮血は大腸の出血。

結石

腸結石、膵結石の可能性。

組織成分

ガンの疑い。

虫体

爪実条虫、回虫。