MENU

犬を解毒する事で健康に保つ為の方法。

犬に解毒は必要なの?と思われると思いますが、ワンちゃんも食から毒素を摂取し体に溜める事があります。その為、ワンちゃんのサインを見逃さずにきちんと解毒してあげる事が大事です。

犬を解毒する為にサインを知ろう

解毒を必要している犬はたくさんいます。深刻な病気ではなくても、サイン(症状)として出ている事がある場合には注意が必要です。体内に老廃物が溜まってるサインですので見逃さないようにしましょう。

  • おしっこが濃い黄色で臭いがきつい
  • 口臭がきつい
  • 体臭がきつい
  • 目ヤニが出ている
  • 目の周りが変色している
  • 耳から悪臭が出ている
  • 足の指をよく舐めていて、赤く膨れてる
  • 尻を痒そうにしている
  • 体に湿疹が出ている

このようなサインが出ていないかすぐにチェックをしてみて下さい。

犬に解毒が必要だなと思った時の解毒法

もし、かかりつけの医者が居るのなら相談をして進める事が望ましいのですが、なかなかそんな方も少ないかもしれませんね。そんな時に簡単に行える解毒方法についてお伝えします。

 

解毒に必要な事はまず、食事は腹八分目で止める事。ただし、脱水症状になるのはいけないので水分はきっちりと取らせてあげましょう。また、運動を多く行う事で老廃物が体外に排出されるので運動量を増やす事が望ましいです。

 

海の食べ物に解毒作用のある成分が多く含まれていますので、肉系のドッグフードから魚系のドッグフードに変えてみるのもありかもしれませんが、ドッグフードの変化にストレスや大量を崩す子もいますのでその辺は慎重にしたいですね。

 

他にも手作りの食事法などもありますが、まずは運動と水分補給で上手く対応して下さい。時間がある方は手作り食事レシピなどを参考にワンちゃんの食事の作り方を学ぶ事もいいと思います。

愛犬の体に毒素が溜まってる訳を考えよう

犬の体に毒素が溜まれば、デトックスをしてあげて解毒してあげればいい。なんて考えていてはダメです。そもそもなんで、毒素が溜まっているのかをしっかり考える必要があります。

 

人間も犬も同じですが、体内に毒素が溜まる理由が口にするものから毒を摂取している事がほとんどです。しかし、それが本当に怖い所は食べた瞬間には何も起こらない事。

 

体内に入ってきた毒素はじわじわと体を傷付けていき、深刻になった時に症状に現れたりします。それが一番怖い事ですよね。しかし、ほとんどの飼い主がワンちゃんの体に毒素が溜まっている訳を知りません。

 

実は、毒素の原因はあなたの与えているドッグフードやおやつが原因です。ドッグフードやおやつには信じられない程の化学物質、添加物、甘味料が入っています。それはすべて毒です。

 

私の調べた限り、50種類以上のドッグフードブランドや商品があります。しかし化学物質や添加物、甘味料が一切使用されていないブランドは10個もないのでは?と思えるほど少ないです。

 

そしてほとんどの方が添加物入りのドッグフードを与えています。ペディグリー、ビタワン、ラン・ミール、アイムス、ビルジャック、メディコート、ニュートロ、ゴン太のふっくらソフト、グラン・デリ、マイビット、サイエンスダイエット、ロイヤルカナン、スタイルズ。

 

書ききれなくなるので・・・。多くの有名商品、ユーザーを選んでいる商品だと思います。しかし、ほとんどが化学物質や添加物入りのドッグフードですので体に毒素を溜めこみやすくなります。

 

これを機会にいつも与えているドッグフードについても考えてみて下さい。大げさかもしれませんが例えるなら、赤ちゃんに中国産の粉ミルクを与え続けますか?というようなものです。

添加物いりのドッグフードを与え続けた結果

ドッグフードから毒素を体に蓄えると、上に書いたようなサインを出します。解毒すると元の健康的なワンちゃんに戻るならいいのですが、添加物を多く摂取するとある時期からワンちゃんにも変化が現れます。

 

それは、成犬(中期や末期)から老犬になると病気がちの体になります。多くの飼い主は自分の都合のいいように考えますから、『もう歳だからね・・・』なんて言います。(私の調べでは4歳から7歳になると体に変化が出ます。)

 

それは違います。犬も健康的な体を維持出来たら老犬でも元気です。それを年齢のせいにします。そしてほとんどの方が真実を知らないまま放置しているのです。その原因はドッグフードにあります。

 

穀物不使用、添加物不使用、4D不使用などのドッグフードを与え続けてる飼い主の方は老犬になっても毛並みから違います。歳をとっても、毛並みにツヤやはりがあります。

 

それはドッグフードの違いです。人間でも同じですよね。インスタント食品やジャンクフード、外食ばかりしている人は毒素を溜めていますので、体型が変わったり40代を過ぎると、痛風、糖尿、脳梗塞などになります。

 

逆に芸能人の方は年齢と容姿が合わないですよね。年齢を聞いて驚く事があります。話を聞いてみると、結局、食生活や運動などに力を入れてます。お金をかけているという意味にもなります。

 

穀物不使用、添加物不使用、4D不使用のドッグフードは上にあげたダメなドッグフードの2倍から5倍ほどの値段になります。しかし、年齢を重ねた時には『差』になって表れるのです。

 

人間だと、イメージ出来ると思いますが、犬だとイメージにかける無責任な飼い主が多い事が残念で仕方ありません。

犬の命はお金では買えないけどそれでも粗悪なドッグフードを選ぶの?

愛犬は我が家の一員。という割にはドッグフードにはお金をかけません。そこで上記に説明をしたように粗悪なドッグフードと良質のドッグフードをわかりやすく比較してみましたので参考にされて下さい。

  粗悪なドッグフード 良質なドッグフード
値段 1000円程度 3500円程度
添加物 使用 不使用
穀物(グレイン) 使用 不使用
4D 使用 不使用
年間のコスト(一袋の購入と仮定) 12000円 42000円
5年後のコスト 12000×5=60000円 42000×5=210000円

このようになります。分かり易くする為に、同じワンちゃんに同じ量のドッグフードをこの値段で変えたらという設定でしましので、実際にはちゃんと計算して下さいね。

 

表をみてもわかるように、値段が相当違いますね。私も良質なドッグフードをおすすめしますが、実際に計算してみるとなかなかおすすめする事もできないなって思います。

 

ですから、ちゃんと家計が破産しないように考えて下さいね。ただ、ひとつだけポイントがあります。仮にワンちゃんが死ぬまで大病にならないといいのですが、飼われているワンちゃんの約半数が病気という調べがあります。

 

そうなった時に、粗悪なドッグフードが5年間で一回だけ大病になり手術をしたと仮定します。命にかかわる病気だと心が苦しいので白内障になったと仮定しましょう。

 

白内障になると、点眼薬が約5000円程します。片方だけ手術をするとなると平均30万円程度ですので、こうなりますね。

  粗悪なドッグフード 良質なドッグフード
5年間のドッグフード代金 60.000円 210.000円
白内障の病院代 305.000円 なし
5年後のトータルの費用 365.000円 210.000円

5年後に大病になった場合には、15万円も多く粗悪なドッグフードを与えていた時の方が出費が多くなる事がわかります。もちろんこれは極端な例ですが、良質なドッグフード粗悪なドッグフードを同じように与えるとどちらが病気になる確率が高いのか?

 

それは考えなくてもわかりますよね。どちらを選ぶのかは飼い主次第になるのです。