MENU

悪性リンパ腫の治療方法はあるの?飼い主として覚悟するべきこと。

悪性リンパ腫について飼い主として知っておくべきことをしっかりとお伝えしたいと思います。飼い主として、ペットと向き合う為にはこのような事も想定する事も大事だと思います。

悪性リンパ腫とは?

悪性リンパ腫とは、【血液のがん】と呼ばれるとても怖い病気です。人間もそうですが、病気の名前にリンパと付く場合は緊急性が高い可能性があります。事実、悪性リンパ腫とは全身のガンで死ぬ確率がとても高い病気です。今の獣医学では不治の病と呼ばれる程に難しい病気になっています。

 

白血球の一部がガンになり全身をめぐる事で増殖し、体中を蝕んでいきます。それが人間のガンで言う転移です。転移とともに体力を奪い、いろんな病気を平行して起こす事で犬の命を奪ってしまいます。体の小さいワンちゃんですから進行が早くあっという間に進行してしまうという特徴があります。

 

主にすべての犬種が対象になりますが、高齢犬やゴールデンレトリバー、ラブラドール、ボクサー、バセット・ハウンド、セント・バーナードに多いと言われています。、環境や食事にも左右されますので一概には言えないかもしれませんね。

悪性リンパ腫の原因

悪性リンパ腫が発症する原因は解明されていません。犬にもっとも多いのが多中心型リンパ腫で、リンパ腫の大半を占めます。

悪性リンパ腫の症状

初期症状

初期の頃は、あまり症状がありません。体調の変化もありません。可能性があるなら皮膚のしこりが出来る可能性があります。場所としては、首や脚の付け根のリンパ節が腫れる事があるので愛犬とスキンシップする際には注意を払ってみるといいと思います。

悪性リンパ腫の検査

病院での検査の流れは、問診、触診、血液検査、エコー、レントゲンのような感じで行われる事が一般的で人間と同じですよね。原因が特定出来たら、治療に入ります。基本的な治療法は確立している治療だと抗がん剤治療がメインになっています。他にも抗がん剤にステロイド剤を加える事もあります。治療がうまくいけば、寛解する可能性はもちろんあります。ですが寛解は一時的で、ほとんどの犬は再発してしまいます。そして再発してしまうと、いろいろな覚悟が必要と言えるでしょう。