MENU

膀胱炎になる犬の特徴や生活環境には共通点があるの?犬の病気

犬も人間と同じ様に膀胱炎になる子がいるようです。犬の場合は、尿道から入った細菌が膀胱の粘膜に感染をして炎症を引き起こす病気になりますので、人間の場合とは少し違うように感じますね。どんなワンちゃんでも膀胱炎になる可能性がありますので詳しくみてみましょう。

膀胱炎ってどんな病気でどんな犬でも膀胱炎になる可能性があるの?

膀胱炎はいろんな原因で起こりうるのですが、特に

  • 糖尿病
  • おしっこの我慢
  • 体力の低下
  • 結石
  • ドッグフードが合わない
  • 細菌感染

などが原因で膀胱炎になる事があります。しかし、日々の愛犬への観察が膀胱炎の判断が出来ると思いますので判断基準を参考までにあげたいと思います。

  • 頻尿や頻尿気味
  • おしっこの時に痛そう、辛そう
  • 排尿が難しい
  • 尿が匂う、臭い
  • 血尿

ワンちゃんがトイレに頻繁に行くようになったり、血尿が出るのは膀胱炎の代表的な症状と言えるでしょう。膀胱炎になったからといって即座に命を落とすような病気ではありませんが、他の病気から起きてる場合もありますし、再発もしやすく、治療をしないで放置しているとひどい痛みが出るようになったり、慢性化してしまうので注意が必要です。膀胱炎は犬によくある病気のひとつですので、愛犬がかかってしまったときに、正しい対処ができるようにしておきましょう。多くの場合、気づくのが遅く病気が悪化して病院にみせに行った時に気づく事があります。そうなると病気は悪化しますので、ワンちゃんの体の負担も大きくなります。

 

また、別の病気から膀胱炎になっているなら別の病気の進行を早期発見する事が命を守る事に繋がります。ですので、常日頃、愛犬への観察は忘れないようにして下さいね。

膀胱炎の治療法は確立されているの?薬や手術?どんな方法なの?

膀胱炎の原因が結石の場合

膀胱炎になったのが結石が原因の場合は、膀胱炎の治療と同時に結石を取り除く治療をします。医療用のフードを使って結石を溶かす場合もあれば、手術をして取り除く場合もあります。手術になった場合でも、術後に結石ができにくい特殊なフードを食べ続ける必要があります。それは、ワンちゃんの症状にもよりますのでお医者さんとの相談になると思います。

膀胱炎の原因が細菌の場合

膀胱炎になった原因が最近の場合には、悪さをしている細菌を特定し、最も効果的と思われる抗生剤を投与します。感染症を引き起こす細菌の代表格と言われているのは、大腸菌、ブドウ球菌、プロテウス属が多く、細菌が悪さする膀胱炎の半数以上を占めると言われていますが、他にもレンサ球菌、クレブシエラ・ニューモニエ、エンテロバクター属、シュードモナス属、コリネバクテリウム属などの細菌が存在しています。

 

原因をある程度、特定してから抗生剤を投与しますが効果なども含めて定期的にチェックを行い獣医師と相談しながらプラン変更もしつつ治療をしていくという流れになります。

膀胱炎を防ぐ方法や予防方法はあるの?犬の膀胱炎の知りたいこと

膀胱炎から愛犬を守るためには、飼い主の力も必要になります。愛犬を注意深く観察する事も含めて予備知識としていろいろ学びましょう。

清潔で健康的な生活環境を提供しよう


犬の膀胱炎を予防する為には、清潔である事が必要不可欠なのは当たり前ですよね。特に細菌が原因であれば寄せ付けないような環境を作り上げる事が大事です。その中でもトイレの環境には気を付けたいものです。他にも、食べ残しをそのままにしない事など、ワンちゃんの為に時間を使ってあげましょう。

定期的に健康診断を受けさせる事が何よりも大事な環境

膀胱炎のみならず、どんな病気やどんな健康状態でも大事な事は定期的な健康診断だと思います。何もない事が一番、嬉しい事ですよね。また、早期発見に繋がりますのでやっていて損はないと思います。飼い主としても、時間やお金を考えると億劫になる気持ちは分かります。しかし、後悔をした時には手遅れの事だってあるかもしれません。それだけは肝に銘じておきましょう。