MENU

脱毛症の症状や原因について調べてみた。

愛犬がどんな病気になるのも心配ですが、人間と同じように脱毛症という病気があるそうです。言葉的に想像すると、毛が抜ける病気だろうな?とは想像がつきますが実際にはどのような感じの病気なのか調べてみました。

脱毛症ってどんな病気?

脱毛症は言葉のごとく、病気が原因で抜け毛(脱毛)になる病気の事で、10円玉位の大きさで一部がハゲたり、しっぽやかおなどの一部に脱毛の症状がみられ原因も様々だそうです。他にも、脱毛やかゆみ皮膚の赤みが出るそうです。

 

ただ、動物は季節の変わり目や年齢に応じて毛が抜け、生え変わったりする事もありますので焦らずに原因を特定するようにしましょう。動物が持つ暑さや寒さをしのぐ為に毛が生え変わる時にはゴソッと毛が抜ける事もあります。初めての方は驚くと思いますが、それは病気では無く、普通の事なので安心して下さいね。

脱毛症の原因

脱毛症の原因はいろいろあると言われていますが、主にアトピーやノミ、ダニ、真菌、細菌、ホルモン異常などが原因のケースが多いそうです。それにより、かゆみや炎症、発疹などの症状として現れるのです。脱毛症の場合、他の病気から脱毛という症状になるケースがありますので、他にも病気の原因があるかもしれない!という意識だけはもっとく事も大事だと思います。

脱毛症を治療するには?

脱毛症を治療するには個人では難しいと思います。近くの動物病院や信頼できる方、かかりつけのお医者さんが居るのであれば診断してもらい、原因を特定してから治療に専念させてあげるといいと思います。基本的には、お薬に頼る治療をする事が多いそうです。

 

ただ、犬にとっての環境が悪く脱毛症になっていた場合には、薬などの治療で一時的によくなりましても、また発症する事があります。犬は人間よりも敏感と言われています。、脱毛症になった時には環境の改善も含めて考えてあげて下さいね。

脱毛症を予防する方法

脱毛症の予防は難しいと言われています。というのも、原因が様々な要因がありますので、これをしておけば大丈夫という事はないからです。しかし、犬にとっていい環境を整えて維持する事や病気になりにくい体づくりをしてあげる為にドッグフード選びに時間をさいてあげる事が大事だと思います。

 

他にも、家族が増えた、減った、引っ越しやエサを変えたなどの環境の変化にも敏感に反応しますので、その時にはよく注意を払い愛犬への不安や愛情を注ぎ、ストレスを緩和してあげるように飼い主がしっかり面倒をみましょう。