MENU

腎不全になるとどうなるの?愛犬の知っておきたい腎不全の豆知識。

犬がかかる病気の中でも腎不全はコワイ病気の一つです。人間で言うと、『ガン』のようなもの。その腎不全になった場合にも、予防としてでも知っておきたい腎不全の豆知識。

腎不全ってどんな病気?

腎不全についてどんな病気でどんな症状なのか?あまりイメージが付きませんよね。腎不全には2通りあります。それは、急性腎不全と慢性腎不全になります。

 

急性腎不全では、おしっこの量が急激に減少したり出なくなる事もあります。さらに食欲不振や吐き気、嘔吐、意気消沈などの症状が出るのが一般的です。この症状になると急激に体調が落ち込み悪化しますので、気付くのが遅れると命を落とす危険性が高まります。

 

慢性腎不全の場合は、腎臓のほとんどの機能が低下しているので水を飲む量が増えます。それ合わせておしっこの量が増えます。しかし、それ以外にはあまり症状が無く、悪化していきます。ある程度まで悪くなると、嘔吐や食欲不振になり、体重が落ちていき貧血となります。最終的には昏睡状態なったり、痙攣してりする事があります。

腎不全の原因

急性腎不全の原因

急性腎不全とは、腎臓が突然機能不全に陥り、体にとって有害な物質を体外に排出できなくなった状態を言います。慢性腎不全では数ヶ月〜数年かけて徐々に腎臓の機能が低下していきますが、急性腎不全の場合はたった1日で急激に悪化します。
 犬の急性腎不全の主な症状は以下です。多くの場合、何の前触れもなく突然出現します。

  • 腎前性急性腎不全
  • 心疾患や脱水などにより、腎臓(糸球体)に流れこむ血液の量が少なくなることで起こります。

  • 腎性急性腎不全
  • 腎臓そのものに異常が生じ、障害されることにより起こります。

  • 腎後性急性腎不全
  • 尿が腎臓を出た後の部位、尿路(膀胱や尿道など)が結石や腫瘍などで閉塞したり、事故などによって尿路が損傷したりして、尿の排泄が障害されることにより起こります。

慢性腎不全の原因

慢性腎不全は、糸球体腎炎やアミロイドーシス、腎盂腎炎などの様々な腎臓疾患によって、ネフロン(血液をろ過して尿を作る器官)が少しずつ破壊されて行くことで起こります。また、急性腎不全から移行することもあります。

腎不全になりやすい犬種

イングリッシュ・コッカー・スパニエル

腎不全を予防する方法

腎不全自体を予防する事は出来ないかもしれません。しかし腎不全の予防方法として、普段からタンパク質や塩分、リンの量が適切で、栄養バランスの良い食事を与えるようにしなkればなりません。それには、ドッグフードの原材料も含めて見直す事が大事かもしれません。

 

ほかにも、排尿の量や回数をチェックするよう習慣づけましょう。また、中年齢?高齢犬になれば、定期検査を受けさせ、早期発見・早期治療を心がけましょう。

 

※リンは骨や歯を形成する為には大事な栄養素ですが、腎臓病を進行させる一つの原因にもなります。腎機能が低下しているのであれば、不要なリンを体外へ排出できなくなりますので、体内にどんどん蓄積してしまいます。そうなると危険性が高まるのでリンの摂取量も気にしたいところですね。

腎不全についての。まとめ

腎不全はなってしまうとなかなか辛い現実を見せつける病気だと思います。ですからそうならない為にどうするか?が大事ですので、悪化させない為に、毎日の愛犬健康チェックや、ドッグフード選びなどをする事。また年齢に問わず定期健診などをする事が大事だと思います。