MENU

椎間板ヘルニアの病気が犬の病気にもあるって本当?治るの?どんな症状?

椎間板ヘルニアは人間では誰でも知ってるような病気なのですが、実は犬にも同じような病気があるのです。ただ、腰が痛む病気でしょ?位の認識はあるかと思いますが実際にはどのような症状なのか見てみたいと思います。

椎間板ヘルニアってどんな病気?症状は?

椎間板ヘルニアは、変性して飛び出した椎間板が背骨の中を走っている神経の束「脊髄」を圧迫することで、痛みや麻痺、しびれなどの症状が出てきます。場合によっては寝付けない程の痛みになる事があります。もし椎間板ヘルニアになると、ワンちゃんは・・・

  • 食欲が無くなる事がある。
  • 動く事を嫌がる
  • 震える事がある
  • 呼吸が早く、荒い事がある
  • 歩き方がへん。ピョコピョコ歩く。
  • しっこやうんちの量や回数が減る。

このような症状や異変に気づいたら近くの病院に連れていく事をおすすめします。

椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアになる原因は様々です。生活習慣によるものから、加齢による筋肉の衰え、犬種などが原因とされています。他にも体重が太り過ぎている場合や激しい運動のしすぎ、階段の上り下りの多い環境など、脊髄に負担がかかる事の多い環境がより椎間板ヘルニアになる可能性を高めてしまいます。また、ダックスフンド、ブルドック、ビーグル、コーギーなどはなりやすいと言われています。

椎間板ヘルニアを予防する方法

椎間板ヘルニアにならない為の予防方法にはいくつかの方法があります。例えば、自宅の室内で飼われている場合には、床はフローリングだと思いますが、それでは腰に負担がきてしまいます。ですから、ワンちゃんが歩きやすいように滑り止めなど敷く事で負担の軽減に繋がります。

 

他にも体重のコントロールする為のドッグフード選びやドッグフードの量などを管理し、愛情から多く与えないようにする事も大事です。

椎間板ヘルニアの治療方法は?手術しないといけないの?費用は?

椎間板ヘルニアを治療する事で治る確立はありますが、実は椎間板ヘルニアにもグレード(レベル)があり、それによっても異なります。例えば、腰や背中に触れると嫌がったり、抱っこを嫌がる、腰を振って歩くような症状と自分の意思でおしっこをする事が困難、または後ろ足が動かないなどの症状。と二つの症状があると痛みを感じる椎間板ヘルニアでは95%以上の確立で完治すると言われています。しかし、痛みを感じていない症状までになると回復する確立が50%未満までに下がると言われています。

椎間板ヘルニアを病院で治療する時の費用は?

椎間板ヘルニアの治療で重度の場合には、手術などが必要になります。外科治療になると、痛みの原因となる椎間板を取り除く為に全身麻酔やMRI検査、レントゲンなどをとる為に費用もかかります。それから、高度な技術を必要とするために、死亡するリスクもある事を頭に入れて置く事が大事です。そして肝心な費用ですが、病院により異なるとは思いますが、平均すると約30万前後が相場になっているようです。