MENU

ワンちゃんが何を伝えたいのか理解する為のノート。

犬の気持ちを知る事が仲良くなる近道です。それに体調が悪い時でも何かしらのサインがある訳ですから見落とすと大変な事になりますよね。犬語をちゃんと理解して快適ライフを送りましょう。

犬の気持ちを知る為には?

犬は言葉を話せませんので、何かしらのサインを発します。そのサインを理解してあげましょう。犬はコミュニケーションをとても大事にする生き物ですので、適当に考えては信頼関係が築けません。

 

あらゆる方法でサインを出す愛犬の気持ちを受けとめてあげて下さいね(・ω・)ノ

犬の鳴き声を聞こう

犬は言葉を話せないので鳴き声がとても重要なコミュニケーション方法になります。

犬の姿勢をしっかりと確認しよう

犬は体を使って意思を表示します。毛を逆立てたり、前のめりになったり、体を後ろ気味なのか、それぞれ気持ちが異なります。姿勢や顔の表情などをしっかりと見て判断する事が大事です。

犬のしぐさや表情から読み取ろう

犬の表情はとても豊かです。笑って見えたり、悲しい目をしたり観察する事で気持ちが分かるようになります。また、首をかしげる事もありますし、体をブルブルさせたり、本当に如実に現れるものです。

犬の行動の意味を理解する

道に落ちてるものを食べたり、顔を執拗に舐めたり、急にどうしたんだろう?と思えるような行動をとったりもします。しかし、犬は何となくする訳では無く何かしらのサインとして行動をとってるので、そこから何かを読み取る事が大事です。

犬は何が言いたいの?犬の鳴き声から分かる事

ワンワンと吠える理由

  • 犬が飼い主を見てワンワン
  • 飼い主を見て吠える理由は、何かを要求してるサインの時が多いです。例えば『遊んで〜』とか『ドッグフードくれっ』などです。

     

    過去に吠える事でやってもらった記憶があるので吠えると何とかなると思っているのです。

     

    ダメなものはダメ!という姿勢を見せないとおねだり犬になりますので要注意が必要です。

  • サークルの中からワンワン
  • サークルの中からワンワンと吠える理由は『ここから出してくれ〜』という気持ちの時が多いです。

  • お皿の前でワンワン
  • お皿やドッグフードの前、収納庫などの場所でワンワンしてるのは、お腹が空いてるので『飯をくれ』というサインがほとんどです。

キャインと吠える理由

足を踏まれたりした時などにキャインと吠えたりしますよね。『痛いよ〜』という驚きと痛みが発生した時の声です。

ワァオーンと吠える理由

一般的には遠吠えとも言いますが、『俺はここにいるぞー』という意思表示になります。これは本能としてやっているものです。

くぅ〜んと鳴く

くぅーんは、『寂しいよ』という時です。甘えん坊ワンちゃんはよく泣きますよね(笑)可愛いです。他にも甘えたり、おねだりした後に願いが叶わなかったらくぅーんと鳴くもあります。

うーーとうなる時

威嚇ともとれるうなり声ですが、『近づくなよ〜』と言う意味です。他にも縄張りがある時にもうなる時があります。

バゥと低い声を出す

犬がバゥと低い声でなく時は、警戒している時にそのような声を出します。

ガウガウガウと吠える理由

ワンちゃんがガウガウガウと吠える時は、警戒を越えて、敵として認識した時です。

キュンキュンと鳴く

犬がキュンキュンと鳴く時は、甘えている時です。