MENU

穀物不使用ドッグフードは愛犬の寿命に直結する?

愛犬と暮らすようになって、暮らしの中心がワンちゃんになった方は多いですよね。それほど愛情深くなりいつまでも一緒に居れたらいいなって!思うはず。でもワンちゃんにも寿命が・・・。少しでも長く生きて欲しい。少しでも長い時間を共有したいと思うならワンちゃんの健康を気にする事が大事です。

 

ワンちゃんの健康にはドッグフードが直結しており、食べたものの影響をもろにうけます。ドッグフードについてほとんどの方が穀物不使用のドッグフードの存在を知っていると思います。多くの飼い主が穀物不使用のドッグフードに切り替えているのに疑問を持って、調べてみると驚きの理由がありました。

穀物不使用のドッグフードの選ぶポイント

原材料に米が入っていない成分を選ぶ

実は『穀物不使用』の記載があってもメーカーによっての認識が曖昧で、小麦や大豆、トウモロコシは抜いてますよーー。でも米は入ってますよー。というメーカーもありますが、ワンちゃんにとっては肥満の原因になり肥満は病気を引き起こす最大の要因ですから米も原材料に含まれていないドッグフードを選ぶといいでしょう。

人口添加物が使用されていないフードを選ぶ

せっかく穀物不使用のドッグフードを選びワンちゃんの健康を気にしているので添加物も排除したドッグフードを選ぶ事が大切です。添加物は人間にもあまり良くないとされてますので、体の小さいワンちゃんにはもっと影響が大きいでしょう。アレルギー反応はもちろん、消化や吸収に難が出たり、ガンの発症の可能性もありますので人口添加物も入っていないドッグフードを選ぶといいです。

使用されている肉の種類と品質にこだわろう

穀物不使用のドッグフードを選ぶ事は大事です。しかし、原材料の肉が粗末な肉だったら問題です。肉原材料の割合が高いものや鹿肉(ワンちゃんの体質に合えば)ドッグフードなどを選ぶと健康を維持するのに最適だと思います。

ドッグフード選びと皮膚病の関係性

動物病院の先生によると、ワンちゃんが病院にくる理由で最も多いのが皮膚病だそうです。皮膚病になる原因は様々な事が考えられると思いますが、多くの場合は栄養不足が原因だと考えられておりますが他にも、アレルギー反応やホルモンの可能性があるとの事。しかしいずれも食(ドッグフード)が大きく関係しております。普通、飼われているワンちゃんが口にするのは飼い主が与えたご飯だけですよね。という事は、ワンちゃんの健康をコントロール出来るのは飼い主だけです。また、アレルギー反応が出るのも、ホルモンの乱れもすべて『食』が影響しますよね。

ワンちゃんのドッグフード選び

ワンちゃんと長く過ごすには少しでも病気にならない体を作る事が大事です。もし、ワンちゃんに一番多い皮膚病にならない為の食事を考えてあげれるだけでもワンちゃんの寿命を長く出来る可能性があると思えたはずです。

 

ワンちゃんは自分の意思でドッグフードを選ぶ事はできません。飼い主の務めとして本気でドッグフードに向き合ってみるのはいかがでしょうか?