MENU

愛犬がドッグフードを食べない姿を見るだけでなんとなく悲しくなりますよね。愛犬にはいつまでも元気でモグモグご飯を食べて欲しいなと思うのはどちらのご家庭でも同じなはず。でも、急にドッグフードを食べなくなるのが動物。

 

言葉が話せないからどうしたらいいか分からない。。。そんな時の為の対処法を見ておきましょう。

ドッグフードを食べない時は食欲がないの?

愛犬が食欲が無い時に疑うべき事はいくつかありますが、まずは体調をチェックするといいでしょう。人間でもなんとなく食が無い時や、夏バテ時、体調が悪い時などの理由があるように、犬にも同じような事があります。

 

ですから、愛犬の体調をチェックして体調が悪いから食べないなら医者の診断などを優先し、病気が治ると食欲が戻る事が予想されます。また、ドッグフードを変えた後に食欲がなくなったならワンちゃんには合わないドッグフードだったという事が予想されます。

 

食欲がなくなるのには理由がある訳ですからその原因を追求する事が最優先すべきです。

 

犬が病気で体調が悪く食欲が無い場合には、くしゃみ、鼻水、目の充血などが無いかチェックする事が大事です。体調を崩しているのであれば何かしらのサインが出ているはずです。

 

そのサインを見逃すと大病に発展する可能性がありますからチェックを欠かさないで下さいね。

病気じゃないのにご飯を食べない?次なる手は・・・

しっかりと調べた結果病気では無い事が判明。しかし、ご飯食べてくれない。次に考えられるのは、【犬のわがまま】の可能性もあります。例えば、ドッグフードを食べない変わりに人間の食べ物やおやつをあげている家庭があります。

 

犬にも趣向がありますので、その味を覚えてしまうとドッグフードを食べなくなる事があります。それは単に好き嫌いをしているだけですので、ドッグフードを与えて見向きもしなかったり、口を着けなかったら一旦ドッグフードを下げてください。

 

そして、おやつなどは一切与えてはいけません。それが犬の狙いなのですから甘やかすのはNGです。次の食事の時間が来ると、またドッグフードを与えて下さい。それだけでいいです。

 

すると犬の頭には、ドッグフードを食べないとお腹が空いてしまう。とか、おやつは貰えない。などの思いがよぎりますから、わがままが理由であれば食べてくれるようになります。

 

食べてくれるようになるのであれば、わがままが原因ですので愛犬もそうですが、飼い主にも責任があるのを認識しましょう。愛犬の健康をサポートするのが飼い主の役目なのですから、甘えていては愛犬の寿命を縮める結果になったり、病気がちの愛犬にしてしまうのです。

 

犬は自分でドッグフードを買って食べる事は出来ないのですから、飼い主がしっかりしましょう。それが愛情です。