MENU

>>ワンちゃんの健康を維持する為には、自分選びのドッグフードが欠かせない!子犬から老犬までパクパク食べる健康ドッグフードはこちら<<

犬の健康を野菜が救う!奇跡の野菜連中(笑)

ワンちゃんに野菜を与えるイメージはありませんよね。ドッグフードや肉をあげるイメージをありますが、野菜のイメージはありません。あまり与えてはいけないのかな?と思う事もありますが実はそうではないんです。

 

ワンちゃんは穀物を消化できる消化器官は持ってはいないので、お米やトウモロコシを食べるとお腹を痛めたり、アレルギーのような反応を示す事があります。ただ、サツマイモを食べる事で消化器官の調子が整います。ですから、肉以外はダメって事はありません。しかし、与えてはいけない食べ物もありますのでその辺は注意して下さいね。

キャベツ

キャベツをさっと茹でてあげて食べやすいサイズに切って与えて下さい。キャベツはワンちゃんとの相性はよく食物繊維を多く含むので腸内環境を整え便秘の予防をしてくれます。食べる子も食べない子もいますが、食べない子には細かく刻んでドッグフードと混ぜて与えて下さい。それでも拒絶するなら無理して与えなくてもいいと思います。

ニンジン

ニンジンは、生で与えても茹でて細かく刻んで与えてもOK。ニンジンにはBカロテンが多く含まれているので目にとてもいいです。おやつとして与える飼い主も多いそうです。

ブロッコリー

茹でて食べやすいサイズ切って与える。免疫力を強化するビタミンCを多く含むブロッコリーは、意外にも食物繊維が多いので一石二鳥です。。ただ、ワンちゃんによってはお腹を壊す事も居ますので、観察はしててくださいね。

大根

生でもOKですが、軽く茹でて刻むといい。大根は血液をサラサラにしてくれます。他にも大根の葉っぱには、ビタミン、ミネラル、カルシウムが豊富に含まれてるので、大根は葉っぱも含めて与えるのがベスト!

かぼちゃ

茹でてカットして与えよう。カボチャは栄養満点でBカロテンとビタミンが豊富。その他にも、カルシウム、鉄、カリウムなども含まれてるので万能野菜。好き嫌いが多いのが難点ですが、食べる子には与えてあげよう。